不動産建築住宅展示場物件情報ニッポーのこだわりお客様の声

ニッポーのこだわり

建築

不動産

ホームインスペクション

お電話でのお問い合わせ

0565-36-0003

〒471-0026
愛知県豊田市若宮町2丁目30番地1

住宅展示場

資料請求

地域貢献活動

ニッポーBlog

木造在来工法(耐震+制振工法)≪ニッポー標準仕様≫

photo01.jpg

photo02.jpg

 家を支える基礎には最も強いと言われるベタ基礎工法を採用、土台を受け止める部分の立上コンクリート幅を住宅金融支援機構基準120mmの1.25倍の150mm、配筋のピッチを200mmにしています。そして、在来工法の命ともいえる柱、梁、筋かいには、耐久性の高い構造用集成材をつかっています。これは、もともと構造的な制約が少ない在来工法を、さらに設計やデザインの自由度を高めて、お客様のご希望にお応えするためです。
耐震面では、接合部に耐震強化金物をつかい、2階の床は水平剛性を高めるため、厚さ24㎜の構造用合板を一面にはり、揺れ、ねじれに強い剛床構造を採用しています。

photo03.jpg

photo04.jpg

安心を+α!それが制振工法です。

テレビを観ていると突然流れる地震速報・・・くつろいだ気分が吹き飛んでしまう瞬間です。
地震は何時どこで起こるかわかりません。だから、備えはあればあるだけ安心できます。それは防災用品であった
り、備蓄食料や飲料水などであります。住宅も建築基準法をクリアーしていれば、まず安心です。
・・・でも、さらに安心を+α!それが制振工法です。 

img01.jpg

従来の耐震工法

img02.jpg

制振工法

1.揺れを軽減し建物を傷みにくくします。
2.振動の抑制で家具の転倒を防ぎます。
3.安心の証明【耐震性能検討書】を交付。
4.メンテナンスフリーの安心。
5.建築構造・デザインに影響しない。

photo05.jpg

論より証拠!の地震体験会
カタログを見るより、営業マンの説明を聞くより、ご自身の体験の方が信用できるのではないですか?是非、ご自身で体感して判断してください。

※開催予定はイベント案内をご覧ください。

鉄骨造

柱に角型鋼管、梁にH型鋼と強度が高く、じん性(粘り強さ)に優れている材料をつかうため、高層建築物に多く
用いられます。また、柱と柱の間を大きくとることができるため、開放的な大きな空間をつくることができます。

photo10.jpg

photo11.jpg

保証・メンテナンス※ニッポーは建てて終わりに致しません!

よくある質問

保証はありますか?

【地盤サポートシステム】

ジャパンホームシールド株式会社

【日本住宅保証検査機構(JIO)の住宅瑕疵担保保険に加入しています。】

日本住宅保証検査機構

アフターフォローはありますか?

a_img03.jpg

ニッポーでは新築お引渡し後、3カ月、半年、1年、2年、3年ごとの定期点検と
5・10・15年目にハガキにてメンテナンスのご案内を送付後、点検にお伺いしています。
お引渡しから15年間で合計8回の定期点検をし、5・10・15年目にはメンテナンス提案書の作成もいたします。(2010年11月より改正)

その他に『無料点検隊』としてエリア担当者が訪問させていただきます。
日時:隔週土曜日の午前中(見学会・イベントなどでズレることがあります。)

勿論、緊急のご用件は即対応させていただきます。 営業時間9:00~18:00
※GW、夏季休暇、年末年始、建国記念日、勤労感謝の日はお休みをいただきますが、
それ以外は土・日・祝日も通常営業しています。

PAGE TOPへ戻る

不動産建築住宅展示場物件情報ニッポーのこだわりお客様の声

Copyright (C) 2010nippo co.,Ltd.All Rights Reserved.